トップページはこちら...
特徴
Print Screen キーで画面印刷と画面キャプチャー
ダウンロードしたZIPファイル内にある「setup」を実行しインストールするだけで、Print Screen キーで画面印刷ができるようになります。

@ Print Screen キーで画面印刷
A 画面キャプチャーも可
B アクティブなウィンドウも印刷可
C 印刷前にプリンター選択可
D 用紙余白サイズの指定可
E 用紙印刷位置の指定可
F マルチスクリーンも印刷可
G インストーラー付き
対応OS種類 Windows 10 / 8 / 7
対応OSビット数 64ビット及び32ビット
対応解像度 1440×900まで
ダウンロード 無料
ご試用 無料
バージョンアップ 無料
※ パケット通信料はユーザー様のご負担となります。
ダウンロード
▼ 最新版のダウンロード ▼
64ビット版のダウンロード(Ve.9.0)はこちら...
32ビット版のダウンロード(Ver.9.0)はこちら...
▼ 詳しい説明 ▼
詳しい導入(インストール)手順はこちら...
導入メリット
作業の効率化 印刷する内容をコピーして貼り付けする等の面倒な操作がなく、シンプルな操作で画面イメージが印刷ができます。
その都度、1枚の紙に収まるように拡大・縮小、中央揃えする手間がなく、画面に表示されている内容がそのまま1枚の紙に印刷されます。
用紙の節約 必要な情報だけを画面上に並べて印刷しますと、必要な情報だけを1枚の紙に集約できます。
基本的な印刷操作
Print Screen キーは、キーボードに種類により若干、表記が異なります。Print Screen キーが PrtSc 等と短縮表記されている場合もありますので、ご注意ください。
Fnキー なし
画面全体の 印刷
Print Screen キーを押すと、画面全体のイメージが印刷されます。マルチスクリーン(マルチモニタ)の場合、プライマリースクリーンではなく、マルチスクリーン全体が印刷されます。
アクティブな ウィンドウの 印刷
Alt キーを押しながら、Print Screen キーを押すと、アクティブなウィンドウのイメージが印刷されます。
Fnキー あり
画面全体の 印刷
Fn キーを押しながら、Print Screen キーを押すと、画面全体のイメージが印刷されます。マルチスクリーン(マルチモニタ)の場合、プライマリースクリーンではなく、マルチスクリーン全体が印刷されます。Fn キーを押す必要がない機種もありますので付属マニュアル等でご確認願います。
アクティブな ウィンドウの 印刷
Fn キーと Alt キーを押しながら、Print Screen キーを押すと、アクティブなウィンドウのイメージが印刷されます。Fn キーを押す必要がない機種もありますので付属マニュアル等でご確認願います。
尚、アクティブなウィンドウ印刷で、アクティブなウィンドウが無い場合、印刷は行われません。
設定操作
Windowsデスクトップのタスクトレイ(インジケーター領域)にある当ソフトのアイコン(画面とプリンタを表現したアイコン)をマウスでクリックしますと設定ウィンドウが表示され、下記の選択が行えます。当ソフトを終了させると、このアイコンは表示されませんので、その場合には、Windowsを再起動させる必要があります。
Ctrl キーを押さずに印刷のチェックマークを付ける
画面全体の 印刷
Print Screen キーで、画面全体のイメージが印刷されます。マルチスクリーン(マルチモニタ)の場合、プライマリースクリーンではなく、マルチスクリーン全体が印刷されます。
アクティブな ウィンドウの 印刷
Alt キーを押しながら、 Print Screen キーで、アクティブなウィンドウのイメージが印刷されます。アクティブなウィンドウが無い場合、印刷は行われません。
Ctrl キーを押さずに印刷 のチェックマークを外す
画面全体の コピー
Print Screen キーで、画面全体のイメージがクリップボードへコピー(画面キャプチャー)されます。
アクティブな ウィンドウの コピー
Alt キーを押しながら、Print Screen キーで、アクティブなウィンドウのイメージがクリップボードへコピー(画面キャプチャー)されます。アクティブなウィンドウが無い場合、クリップボードへコピーは行われません。
画面全体の 印刷
Ctrl キーを押しながら、Print Screen キーで、画面全体のイメージが印刷されます。マルチスクリーン(マルチモニタ)の場合、プライマリースクリーンではなく、マルチスクリーン全体が印刷されます。
アクティブな ウィンドウの 印刷
Ctrl キーと Alt キーを押しながら、Print Screen キーで、アクティブなウィンドウのイメージが印刷されます。アクティブなウィンドウが無い場合、印刷は行われません。
印刷余白 用紙の縁に最小限確保する余白(印刷しない領域)を、3mm〜12mmの範囲で選択できます。この設定はウィンドウズの再起動後も保持されます。プリンターの種類によっては小さな値を設定できない場合がありますので、設定前にプリンターの仕様をご確認ください。尚、画面印刷は、印刷する画面およびウィンドウの縦横比を固定したまま拡大または縮小し印刷しますので、この印刷余白は「最小限確保される余白」になります。
印刷位置 上下左右に0mm〜7mmの範囲で印刷位置を調整します。この設定はウィンドウズの再起動後も保持されます。
印刷前に プリンターを選択 印刷前にプリンターを選択することができます。この設定はウィンドウズの再起動後も保持されます。プリンターを選択するウィンドウ(印刷ダイアログ)は、デスクトップ上に表示されます。Winodws 8や10 のスタートスクリーンには表示されませんのでご注意ください。
Ctrl キーを 押さずに印刷 Ctrl キーを押さずに印刷することができます。この設定はウィンドウズの再起動後も保持されます。
再起動されるまで機能停止 当ソフトの印刷機能を停止します。ウィンドウズの再起動後、機能停止は解除されます。
スナップシューターを 終了 当ソフトを終了します。画面印刷など、スナップシュータの機能が使用できなくなります。Windowsを再起動することで、当ソフトも再起動されます。
詳しい説明 ウェブページ(当ページ)にて詳細な使用方法を表示します。
設定を保存し閉じる 設定を保存して、当ウィンドウを閉じます。
その他の設定操作
印刷先プリンター 印刷前にプリンターを選択する設定ではない場合、「通常使うプリンター」に設定されているプリンターに印刷されます。「通常使うプリンター」の設定はウィンドウズの種類により若干異なりますが、基本的にはコントロールパネル内にあるデバイスとプリンターを開き、通常使うプリンターに設定したいプリンターをマウスの右ボタンでメニューを表示し、「通常使うプリンター」にチェックマークを付けることで行えます。
印刷用紙サイズ 印刷前にプリンターを選択する設定ではない場合、「通常使うプリンター」に設定されているプリンターの「印刷設定」で設定されている用紙サイズ(「A4」や「B5」等)に印刷されます。画面やウィンドウのイメージは、この用紙サイズに合わせて自動的にサイズ調整され、印刷が行われます。
印刷用方向(縦横) 用紙の縦横方向は自動判定の為、設定はできません。印刷イメージの縦横比に応じて、印刷領域が大きくなるよう自動的に判定し、印刷が行わ れます。たとえば、横長の画面やウィンドウのイメージを印刷する場合は、用紙の長い方向に横長のイメージが収まるように印刷されます。
印刷品質 印刷前にプリンターを選択する設定ではない場合、「通常使うプリンター」に設定されているプリンターの「印刷設定」で設定されている印刷品質で印刷されます。プリンターの種類によっては設定できない場合がありますので、プリンターの仕様をご確認ください。
モノクロ印刷 印刷前にプリンターを選択する設定ではない場合、「通常使うプリンター」に設定されているプリンターの「印刷設定」で「モノクロ印刷」が選択されていると、モノクロで印刷されます。プリンターの種類によっては設定できない場合がありますので、プリンターの仕様をご確認ください。
画面イメージのファイルへの出力 コントロールパネルの「デバイスとプリンター」内に「Microsoft XPS Document Writer」がある場合、印刷前にプリンターを選択する設定にし、「Microsoft XPS Document Writer」を選択後、Print Screen キー等を押下するか、通常使うプリンターを「Microsoft XPS Document Writer」に設定し、Print Screen キー等を押下し、ファイルへ出力してください。
通信関連のメッセージが表示された場合の対応方法
「プライベートネットワーク」にチェックマークがあることを確認し、「アクセスを許可する」ボタンをマウスの左ボタンでクリック。(「パブリックネットワーク」にチェックマークは不要です)
「スナップシューター」のライセンス取得について
「スナップシューター」はシェアウェア(お試し無料ソフト)です。シェアウェアとは、「使用者と開発費を分担する」という意味からきており、ソフトのライセンス形態の一種になります。ソフトの一時的な試用は無料ですが、気に入られて継続的に利用される際にはライセンス料の支払いが必要となります。パソコンのご利用頻度により異なりますが、ご試用期限後も、引き続きご利用される場合には、ライセンス登録をお願いいたします。引き続きご利用されない場合には、アンインストール(当該ソフトの削除)をお願いいたします。
ライセンス取得方法はこちら...
ライセンスを別のPCに移行される場合には、該当のソフトをアンインストール(削除)されてから、新たなPCにライセンスを登録されてください。同時に同じライセンスキーが使用されますと、使用できなくなる事がありますので、ご注意ください。
ライセンス登録用ウィンドウの表示方法
Windowsデスクトップのタスクトレイ(インジケーター領域)にある当ソフトのアイコン(画面とプリンタを表現したアイコン)をマウスの右ボタンでクリックしますと、ポップアップメニューが表示されますので、「ライセンス登録」を選択し、ライセンス登録用ウィンドウを表示させます。尚、既にライセンスキー(番号)が登録済みですと、このポップアップメニューに「ライセンス登録」は表示されません。また、当ソフトを終了させると、このアイコンは表示されませんので、その場合には、Windowsを再起動させる必要があります。
その他
動作しない場合の対処法はこちら...
バージョンアップ概要はこちら...

Microsoft, Windows, Windows 10, Windows 8, Windows 7, Windows Vista, Windows XP, Internet Explorer またはその他のマイクロソフト製品の名称 および製品名は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。その他の製品および会社名は、各社の登録商標または商標です。

ソフトウェア普及研究所
Software
Generalization
Lab.